<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧


初めての海外旅行。

に連れて行くことになりました。

16歳の姪を。

数日前に自分らのチケットは取ってたのだけど、
昨日の朝、にわかに降ってわいたアイデア。

Pはいつも、○○を連れていこう、って
甥姪の将来や世界観の狭さを心配して言ってくれますが、
(あんまり本気で言ってない時もあるけど)

今回は、
春休みにかかるので少し学校を休んでもらえばいいことと、
姪もこの春から高2になるし、大学受験を考える前に、いい頃合いかな、と、
ついに同意しました。

どっぷり関西の文化以外は見てない子だし、
爪を綺麗にして、髪は毎日アイロンあてて、日焼けなんかしたくない~って子だし、
カルチャー・ショック大丈夫?

でも「学校休んででも行きた~い!」って声が跳ねたので、まぁそれを信じて。
プーケットですが、、もちろんエステなんかさせませんよ!10代は10代らしく!

おばちゃんは、ちょっとだけ、気が張ってますよん ^^;)

**********************************************
1月後半、ライブ休んで実は英語週間です(苦笑
中高とリスニングもない世代に育ってるので、このギャップを今になって埋めるのって結構厳しいです。
やっぱり、頭が柔らかいうちにやったことって一生もんだなーーって。

13歳の女の子の teaching も始めましたよ ^^ 育ってくれるのが楽しみだねー。

2月は一転、ライブもりもりです♪

2/8(水)5th Street (毎月・第2水曜日)
 1人ピアノ弾き語りとお喋りの、A Whole Noir World、最高の音響、5th Street でぜひ。
 (p, vo) ほりのりこ  20:00~ MC¥1,000.-
 阪急千里線 吹田駅より徒歩5分、JR吹田駅より徒歩13分
 http://www.5th-street.com/

New!! 2/12(日)JazzSpot 845
 老舗のJazzSpotでの初ライブ♪ 大先輩の大御所、東雲真理さんにジョイント頂きます!
 (p, vo) 東雲真理、(p, vo) ほりのりこ  20:00~ MC¥
 四つ橋線なんば駅、28,29番出口より徒歩1分(出口から千日前通りに出てすぐ)
 http://www.jazz845.com/
 大阪市浪速区元町1-1-20 新賑橋ビルB-1 TEL:06-6633-6288
 ※お店のHPに地図がありません!(笑  

2/22(水) freedom cafe
 オフィス街のど真ん中、一人ぼっちだった弾き語りストが、色んな人と色々やります ^^
 (p, vo, ピアニカ) ほりのりこ、(b) 鷲見和広
 OL時代の同士、音楽をこよなく愛するギタリスト、細井氏も引き続き一緒にやってくれます
 19:30~ MC¥1,100.-
 地下鉄 四つ橋線 本町駅、または千日前線 阿波座駅 より徒歩5分
 http://freedom-jazz.com/FREEDOM-JAZZ/Top.html

2/29(水) 北野病院 5階プラナホール
 15:00~ 吹き抜けの素敵なホールで、1時間ほどのプチライブ
 どなたでも聞いていただけます。仕事抜け出せる方はどうぞ(笑 病院なので楚々とね ^^

 ※椅子の数が限りがあり患者さんとご家族優先となりますので、
   立ち見になる可能性あることをご了承ください。

***************************************************
一方のおばちゃんの方は 、、 

初めての海外は、21歳の Los Angels。
1ドル250円の時代、月給10万の貧乏OLがやっとこさ念願かなって。
大韓航空で西海岸の往復だけでしたが、怖いことも感動したことも、全部全部、糧になりました ^^
b0191418_10415423.jpg
← これは初めての時じゃないけど、20代の頃、レイクパウエルで。
旅は自分の呼吸だった頃。





実はその18年後 ↓↓ に、再訪したのだけど。。
b0191418_10502741.jpgb0191418_1051174.jpgb0191418_10503872.jpg

やっぱり地球のヘソみたいな所でした。。
[PR]

by noirworldwide | 2012-01-23 11:00 | Trackback | Comments(6)

突撃オーディション。。

というわけでもないけれど、
遊びに行ったらオーディションになってしまい、

これが、オーナーが聞きながらメモで○×つけておられて、
それを見ながら膝つき合わせて評価頂く、という、 ありがたいもので、、、ハハァ~・・m(_ _)m

そして、ライブが決定しました♪
2/12(日)20:00~ JazzSpot 845
http://www.jazz845.com/

うれしーー うれしーー

ラウンジ上がりの弾き語りでは、耳の肥えた、リズムにタイトな、
JAZZのお店では、まともなライブはまだまだできひん、

と、退職して40日めから、これまで1年9ケ月、

畑は少し違うかもしれないけれど、私を快く受け入れて下さった、
5th Street さんで、最高の音響の中、中身は極めて自由に、
しかし『ライブ』という形式にこだわって、
そしてコンスタントに、ライブさせて頂いた賜物です。

お店のスタッフや、いつも応援下さった一人一人の人達に、ただただ感謝、
これからも、ひとつひとつを大事にして精進いたしますです。

***************************************
1/11(水) 5th Street ライブ、何だか年があけてすぐは、
風邪ひいたり、年末年始は実家こもりで全く練習できないこともあり、
うにゃうにゃしてたんですが、本番数日前にエンジン全開!

楽しかった~

ブルースハープを吹いてくれたYちゃん、
お昼間、息子さんにチェックしてもらって、
ステージでは汗をかきながら吹いてくれた音色は、

小さな10穴のハーモニカを両手に包みこんでいるのと同じ、
手のひらのぬくもりを感じる、心にしみる素敵な音色でした ^^

ありがとねー。  また吹いてやー。
***************************************

2/8(水)5th Street (毎月・第2水曜日)
 1人ピアノ弾き語りとお喋りの、A Whole Noir World、最高の音響、5th Street でぜひ。
 (p, vo) ほりのりこ  20:00~ MC¥1,000.-
 阪急千里線 吹田駅より徒歩5分、JR吹田駅より徒歩13分
 http://www.5th-street.com/

New!! 2/12(日)JazzSpot 845
 老舗のJazzSpotでの初ライブ♪ 大先輩の大御所、東雲真理さんにジョイント頂きます!
 (p, vo) 東雲真理、(p, vo) ほりのりこ  20:00~ MC¥
 四つ橋線なんば駅、28,29番出口より徒歩1分(出口から千日前通りに出てすぐ)
 http://www.jazz845.com/
 大阪市浪速区元町1-1-20 新賑橋ビルB-1 TEL:06-6633-6288
 ※お店のHPに地図がありません!(笑  

2/22(水) freedom cafe
 オフィス街のど真ん中、一人ぼっちだった弾き語りストが、色んな人と色々やります ^^
 (p, vo, ピアニカ) ほりのりこ、(b) 鷲見和広
 OL時代の同士、音楽をこよなく愛するギタリスト、細井氏も引き続き一緒にやってくれます
 19:30~ MC¥1,100.-
 地下鉄 四つ橋線 本町駅、または千日前線 阿波座駅 より徒歩5分
 http://freedom-jazz.com/FREEDOM-JAZZ/Top.html

2/29(水) 北野病院 5階プラナホール
 15:00~ 吹き抜けの素敵なホールで、1時間ほどのプチライブ
 どなたでも聞いていただけます。仕事抜け出せる方はどうぞ(笑 病院なので楚々とね ^^

北野病院さんがポスターを作って下さいました。おそらく病院内で絶賛掲示中~(笑

b0191418_12275238.jpg

[PR]

by noirworldwide | 2012-01-14 12:10 | Trackback | Comments(4)

今年も歌うどぉぉぉ~~


・・・の前に、3日から風邪ひきで喉いわしてますけど(泣
来週ライブまでに、鋭意、調整いたします!

1/11(水)、今年の初ライブです♪

1/11、2/8(水)5th Street (毎月・第2水曜日)
 1人ピアノ弾き語りとお喋りの、Entire Noir World、2012年も充実♪
 最高の音響、5th Street でぜひ。
 (p, vo) ほりのりこ  20:00~ MC¥1,000.-
 阪急千里線 吹田駅より徒歩5分、JR吹田駅より徒歩13分
 http://www.5th-street.com/

2/22(水) freedom cafe
 オフィス街のど真ん中、一人ぼっちだった弾き語りストが、色んな人と色々やります ^^
 (p, vo, ピアニカ) ほりのりこ、(b) 鷲見和広
 OL時代の同僚・同士、音楽をこよなく愛するギタリスト、細井氏も引き続き一緒にやってくれます
 19:30~ MC¥1,100.-
 地下鉄 四つ橋線 本町駅、または千日前線 阿波座駅 より徒歩5分
 http://freedom-jazz.com/FREEDOM-JAZZ/Top.html

2/29(水) 北野病院 5階プラナホール
 15:00~ 吹き抜けの素敵なホールで、1時間ほどのプチライブ
 どなたでも聞いていただけます。仕事抜け出せる方はどうぞ(笑 病院なので楚々とね ^^


追記: ライブでありませんが、、、

1/5(木)に、10年近く行かせた頂いた会員制クラブの最終日でした。
最終日の応援に来て下さったみなさん、すごくすごく嬉しかったです。

1/10(火)より、新たに三ノ宮の方で、続けさせて頂けることになりました。
ありがとう、そして、これからもよろしくお願いいたします m(_ _)m

b0191418_9354250.jpg

*********************************************
8月から飛び飛びに書いていたOZ旅行記、自分でも読みにくくって仕方がないので(笑)、
リンクを、時系列にそってまとめました。 お時間ある方はどうぞ~ ^^

OZ逃亡前
http://noireworld.exblog.jp/15905191/

OZ逃亡中
1.http://noireworld.exblog.jp/15935688/
2.http://noireworld.exblog.jp/15947346/
3.http://noireworld.exblog.jp/15988934/

OZ旅の報告
1.http://noireworld.exblog.jp/16012040/
2.http://noireworld.exblog.jp/16062817/
3.http://noireworld.exblog.jp/16101774/
4.http://noireworld.exblog.jp/16172117/
5.【特集・食べ物編】http://noireworld.exblog.jp/16249104/
6.【特集・ディジュリドゥー編】http://noireworld.exblog.jp/16286185/
7.【特集・素敵なMoore家編】http://noireworld.exblog.jp/16401866/
8.http://noireworld.exblog.jp/17484265/
9.http://noireworld.exblog.jp/17495253/
10.http://noireworld.exblog.jp/17520704/
11.http://noireworld.exblog.jp/17524300/

b0191418_17261920.jpg
b0191418_17265967.jpg
= 番外編写真 =


←取った時は全く気付かず、後で見て吹きだした。
 斧を手に踊る女(笑    於:シドニー




           さて次は、いつ、どこに。
[PR]

by noirworldwide | 2012-01-07 09:50 | Trackback | Comments(2)

去年の忘れもの (延べ・その4 -- 最終回)

7/24(日)、Griffith AM7:25発シドニー行きのバスに乗るべく、AM5:15に出発。

そっと出て行くから、と言うのに、マクドナルドしか開いてないから、と、
それに、早朝暗いと、カンガルーが飛び出してくるから早く出てゆっくり走った方がいい、と、
Moore 夫妻が、AM4:15 に起きてきて、朝食を共にしてくれた。

前日と同じ、OZ の曲を集めたCDを P がかけると、また涙が止まらなかった。
広い広い OZ の人口のたった5%の人しか住まないこの内陸部で、全く感受性が変わっていた。

長いバスの中で会った女性に、Moore 夫妻から聞いた「農場主同士の、交流ディナー」の話を詳しく聞く。
農場主の家はもちろん離れているので、互いの交流のため、各家をキャラバンで回って、
一軒の家で、少しずつ何か食べて、また次の家へ行く、それを "Progressive Dinner" と呼んでいて、
Moore 夫妻は、自分達の農場を手放す前に、今の家にその交流のために来て、気に入ったという。
b0191418_7154659.jpg
16:30シドニー着の予定が、遅れて 17:10着。
18:00スタートのミュージカル「Hair Spray」に無事すべりこみ、
遅くにシトシトと雨降る中、G の家へ1週間ぶりに帰宅。


← キャッチーなOZ英語"Brekky"(朝食)!






7/25(月)、いよいよ私は最終日。連日ツール・ド・フランスを見て興奮してたG は、OZが優勝したと嬉しそう ^^。
自転車を2台借りて、P とバンダイ・ビーチへ。

b0191418_729311.jpgb0191418_7291925.jpgb0191418_730359.jpg












バンダイ・ビーチは自転車を漕いで漕いでひぃひぃ言ってたら、突然、眼下に広がり圧倒してくれる美しさ。
海岸沿いの遊歩道を延々と行き、ビーチでランチ。b0191418_7341539.jpg
b0191418_7304535.jpg

b0191418_7505668.jpg
帰りは、Centennial Park を経由して。
乗馬クラブが中にあるので余計優雅に見えて ^^

大都会シドニーにしてこの潤い。b0191418_7512758.jpg
b0191418_7515138.jpg
b0191418_7521520.jpg






OZ ラストの晩餐は、G宅にて、G のお兄さん Ken ファミリーと。子供たちとキーボードを弾き、奥さんの V は素晴らしい声で歌ってくれた。b0191418_874416.jpg










b0191418_881017.jpg
Gがケイタリングしてくれたナンをいただいて、それからGの趣味、ヘリコプターを部屋で飛ばして--- ここから、少なくとも今までの5ケ月間、例の香港製、チープだがよくできたヘリコプターの、P周辺の人々への普及率が急速に高まることになるんだが(笑)---。
b0191418_8122312.jpg




← 日本に4年いたG、こんなもの始め、ほうじ茶(パック)、納豆(冷凍してた)、結構揃ってる。日本には時々スキーで来るし、missing してることはないけど、ひとつだけ「たこ焼き」だけは恋しいらしい。さすが大阪 ^^


この日、Pは、パースにデンマーク人の友人が来ていることを知り、連絡がとれて、翌週からG宅で数日、一緒に過ごすことになった。
私は1人、翌朝、AM5:30にGに空港まで送ってもらい帰国。
帰ったら想像するだけでやること山積の日々に不安だったが、それを持ってしても、時間を取って来る価値のある、素晴らしい旅だった。

トランジットのゴールドコーストで、10人位の日本人の大家族の、父親が、飛行機をバックに写真を撮ろうとしているのに出くわした。思わず「撮りましょうか?」と声をかけた。

大事な大事なずっと残る家族写真。撮っていた父はいつも写っていなかった。

また涙腺がゆるんだ。

= 完 =

***************************************

音楽 blog だし、旅行記とかはあっさりと、と思ってたけど、
やっぱり、まぁ、サガでしょうかね(笑

おつきあいありがとうございました ^^

さて、今年も、頑張っていきましょーー♪
[PR]

by noirworldwide | 2012-01-03 06:48 | Trackback | Comments(2)

去年の忘れもの (延べ・その3)

喪中の我が家でしたが、兄妹甥姪と家族そろって、にぎやかにほのぼのと実家で。
2003年から HDD に蓄積した動画を見て、みんなで笑い転げて。

でも、最後に母と2人になって、どうする?やめとく?といいながら、
病院での父の動画を見て。

またホロリと泣いて。

2012年が、日だまりにつつまれて始まりました。

父さん。 あったかいです。 ものすごく。

************************************************

OZ 紀行、年末からの続き~

7/23 早朝、カンガルーを見に。凍った車の窓が温まるのを待ち、朝もやの農場を行く。
b0191418_20583499.jpg


← 3匹が一列になって走っていくのと並行して走る。

b0191418_20592073.jpg









 休憩して何か相談してるような →
 2匹。



「もしも飛び出してきたら、絶対にハンドルを切るな、カンガルーは生き延び、僕らは死ぬ」と、きつく言われました。



 はねられて息絶えていた子。
 霜に凍ってた。。↓
b0191418_2191754.jpgb0191418_2193627.jpg












       地平線を登る朝日はまぶしくて。

b0191418_21325357.jpgb0191418_21331344.jpg










     もう何度も行った、Shed で朝食。            またもやステーキバ~ガ~ ごっつぅ~

b0191418_2145597.jpg        ↓ Galah とインコが仲良く草食み。
b0191418_21452574.jpg
Thelma の家のドアノブ。ウサギの罠なのだ ^^
音は鳴らないけど、94歳でもユーモアたっぶり、茶目っけたっぷり♪

b0191418_21545473.jpgb0191418_2282536.jpg










↑ Moore 家のサンルーム。夏に台所を開けるなり大量に入って来るハエに閉口して、ハエ緩衝区域(笑)として作ったらしいけど。。ホントに素敵な空間 ^^
b0191418_2284160.jpgb0191418_2225720.jpg


毎夜、いつ目があいても満点のミルキーウェイが仰げるよう、ブラインドを開けて眠った窓 ^^

この後、町の Hostel(老人ホーム)で、ミニライブ。
ここまで、3日間、Hilston で会った人達が、オールスター集合みたいに集まってくれました(笑

「Smile」や「夏の日の思い出」やら5曲くらいやり、最後はみんなで「エーデルワイス」を大合唱。
ヤンヤの大拍手で、毎年 wagawaga であるジャズフェスに行ってる、バリトンボイスのおじさんは、よかったよかったと、握手をもとめてくれました ^^

晩は、Moore 家の息子3人の家族と、町で多人数が集まると言えば一つしかない、中国人の経営するホールへ。

後で聞くと、一家が揃って食事をするのは、P が前にここへ来た4年前以来らしく。
全く喋らない人同士がいたり、胸がちくりとする悲しい家族の現実もいろいろあるけれど、

ここでも同席してくれた Thelma(Moore家の主の姉)は、P に、絶対にあの子を手放すな、と言ってくれ、
最初の日に訪ねた Moore 家とは何の血のつながりもないのにこの席に同席していたD 夫妻の、
オット君は、私が「I'll be baaaaaaack!!」というと、「You'll be back?」と嬉しそうに笑い、
いつも穏やかに笑む奥さんは、「また来て、この家族のタイになってあげて」と。
この D 夫妻も、かつて大規模農場を経営していて、旦那さんが酒乱で、、という過去を乗り越えて来ているのだ。

「ここは僕らが持とう」とPが提案してくれたので、もちろん!と。
Hilston での3日間は、本当に得難いもので、OZ の物価高を計算に入れても、
この夜の、晩餐のスポンサーになるぐらい、お安い御用だった。

その夜は、もう何年かぶりとなる、一家(ほぼ)全員でのMoore家での宿泊。

天の川なんか見飽きた人達に、見に行こう、と、ヘッデンは私が持ってるから大丈夫、と提案し、
その間、息子君の1人は、星なんかそこそこに、P に個人的に、この数年のトラブルの思いの丈を話し、
私は言葉がよく聞きとれないのをいいことに、無邪気に空を仰いで。

その後、あったかいコーヒーとクッキーを囲んで、PC に映るアボリジニの超常現象の写真について語ったりなどしながら(本物と思う)、Hilston 最後の夜は更けたのでした。

翌早朝、名残惜しい Hilston に別れを告げる。

************************************************

ぜいぜい。

もうちょっとだ(笑


しかし、いい旅だったなぁ。。
[PR]

by noirworldwide | 2012-01-02 23:02 | Trackback | Comments(2)
line

言の葉(ことのは)、音の波(おとのは)、人の和(ひとのわ)。長い長い間、無口だったピアノ弾きが、おしゃべりな弾き語リストになってお話するダイアリー。


by noirworldwide
line